2007年11月20日

11月集合日の報告

きまぐれの雨のせいで2週にわたって行った集合日ですが、田んぼではついに稲刈り実習がスタートいたしました。刈って、束ねて、縛って、干す、これだけの作業といえばこれだけではありますが、その中には昔からの知恵と手際の積み重ねがつまっています。それを知って自分なりに楽しい稲刈りを進めるのがまた、自然農に取り組む楽しみでもありますね。多種類を植えた方、一種類に決めて植えた方、それぞれの想いと汗と腰痛と運が圧し掛かった稲穂の重みは軽いのか重いのはわかりませんが、苦笑と笑顔が飛び交う稲刈り集合日だったのは間違いありません♪

雨の都合と雑草屋の都合で実習に参加できなかった皆さんには大変申し訳ありませんでした。2年目のプレーヤーさんのご協力もあり、各区画、それぞれに順調に刈り取りを進められているようで、田んぼはすっかり刈り跡が広がり、稲架にもズラリと稲束が掛かりはじめました。

071118akinoshuukaku.jpg  071118inakiboshi.jpg
刈り跡が広がる田んぼの風景  と  並び始めた稲架掛けの稲束


晩秋の畑は、いよいよ霜が降りはじめました。冷たい雨の中の畑での落花生の収穫も楽しみながら、その一週間後には初霜が降り、里芋もサツマイモも落花生もジャガイモも、一気に畑の中に溶けていきそうです。(もちろん、土の中にはしっかり残っていますけどね。採り時ですよー!)夏播きに成功した葉物類は、大根、小松菜、カブなどがすくすくと成長を見せているのも頼もしい感じです。間引きした小松菜や、豊作を迎えた落花生などを集合したプレーヤー達で分け合って、秋の味覚もちょっとは楽しめたでしょうか?

071118rakkasei.jpg
ドサリ!と音が聞こえそうな巨大落花生♪


それにしても、つくばは寒くなってきました。お米もしっかり乾いてくれることを願いましょう。


posted by 雑草屋 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園風景(07年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。