2016年11月22日

稲刈りの様子

こんにちは、雑草屋の嫁です。つくし農園の今年の稲刈りを、写真で振り返ってご報告します。
IMG_2122inekari.JPG

この秋は雨が降ったり止んだりでなかなか皆で揃っての稲刈りとはならず、プレーヤーさんそれぞれが個別に稲刈りを済ませる年となりました。

それでも初めての稲刈りを迎えるプレーヤーさんには、なるべく管理人と予定を合わせて稲架(おだ)の説明をさせてもらいました。しっかりとお米が乾く干し方の秘訣を理解していただけたかと思います。
IMG_2126inekari.JPG

お米を干すための干し場は、今年も鳥除けネットで完全防備。(しかし11月上旬にはこのネットをスズメが体ごと穴にぶつかり、無理矢理に突破してお米をついばんでいる様子が確認されました。来年はもっと細かい目のネットにするべきでしょうか・・・)
IMG_2128inekari.JPG

奥のMさんのお米には、スズメがネットを突破して侵入した場合に備えて最後の防御ネットがかけられています。
IMG_2129inekari.JPG

味が良いからか、特に古代米は鳥よけネットを張ってもなおスズメのターゲットとされ、稲刈りをするタイミングが少し遅れるとここまでスカスカになっていました。
IMG_2215inekari.JPG

Hさんのハッピーヒルが奥の稲架にズシリと架かっていきます。今年は管理人も種を分けてもらってハッピーヒルに挑戦。福岡正信さんが開発したというこのお米。育てやすいだけに、味を確かめる日が待ち遠しいです。
IMG_2139inekari.JPG

一人、また一人と稲刈りが済み、水が空を映しています。湿地を利用した天水田ならではの、稲刈り後の風景です。
IMG_2131inekari.JPG

最後に残された区画を健気に守るカカシの姿。今年はたくさんのカカシで田んぼが賑やかでした。
IMG_2184inekari.JPG

今年は苗代も順調で、多くの区画で大きい苗を1本植えすることができました。また、夏場の水不足もなく、ザリガニの被害もほとんど見られませんでした。

例年なら9月上旬の周囲の稲刈りによって9月中にいっきにスズメの被害が進むところ、今年は偶然にも9月上旬から中旬にかけて雨が続き、慣行農の田んぼの稲刈りが遅れたことで、つくし農園の稲刈りにも猶予がありました。

さらに、温暖な秋のためか、早くに稲刈りを終えた田んぼでは切り株から蘖(ひこばえ)が伸びて再び稲穂をつけ、11月になるとスズメの被害が再び分散されたような印象があります。

農園としてはなかなか集まっての作業とはいきませんでしたが、ずっしりと充実した稲穂に、感謝の気持ちを抱かずにはいられません。
IMG_2191inekari.JPG
稲刈りを終えたみなさん、お疲れ様でした!


11月19日(土)の共同作業日は、残念ながら雨のため開催できず、次回の共同作業日は12月17日(土)。終了後は忘年会です!みなさまのご参加をお待ちしています。


・2016年度の集合日予定カレンダー ならびに募集要項 ・交通案内
・つくし農園の見学・体験について ・自然農について
・つくし農園で育てやすい野菜 ・自然農Q&A(いただいた質問に対して)
・雑草屋Facebook ・雑草屋ホームページ


posted by 雑草屋 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園風景(16年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。