2015年11月10日

稲刈り準備(干し場作り、稲架作り)の様子

こんにちは。雑草屋の嫁です。
遅くなりましたが、稲刈り前に行っていた干し場作り&稲架(おだ)作りの様子をお届けします。

10月18日、田んぼプレーヤーの有志が集まり、干し場のネット張りをしました。前回集合日、みなさんと共同作業で作った干し場スペースに柱となる竹を深く立ててゆきます。
P1080218hoshiba.JPG

田んぼと違って竹が刺さりにくいので、細いスコップや移植ゴテなどで深い穴をあけ、力いっぱい突き立てます。
P1080219hoshiba.JPG

田んぼと同様にネットを張っていきます。
干し場はお米が密集し、時期的にもますますスズメに狙われるため、ちょっとお値段高めの、網目の小さなネットを張ります。(これでも命がけで押し入ってくるのです)
P1080236hoshiba.JPG

地面ぎりぎりまでネットをピンと張ります。
このままでは地面すれすれの隙間が残ります。
P1080240hoshiba.JPG

そこで、どんな隙間も残さないよう、刈り草を大量に積み上げます。
P1080243hoshiba.JPG
これで、四方と上面をネットで囲んだ干し場が完成しました。
Mさん、Hさん、ありがとうございました。

そして10月26日には、稲束を直接かけて干すための稲架(おだ)を用意。
こちらは農作業体験の方と一緒に作成しました。

基本構造は3本脚で、両端の脚を組みたてます。ここには荒縄を用います。
P1080650oda.JPG

脚と脚の位置関係は、ハの字になるよう配置します。中ほどにも複数の脚を設けますが、それが2本脚であれ3本脚であれ、隣り合う脚同士がハの字に並ぶようにします。
P1080644oda.JPG

きちんと作れば、大人1〜2人がぶら下がっても大丈夫です。
(この竹はちょっと古くて割れ目が入っているため、ぶら下がらずにおしまいです)
P1080651oda.JPG
LONOFerのYさん、ありがとうございました。


このあと、31日の稲刈り集合日を迎えました。
その様子は追ってご報告いたします。


・2015年度の集合日予定カレンダー ならびに募集要項 ・交通案内
・つくし農園の見学・体験について ・自然農について
・つくし農園で育てやすい野菜 ・自然農Q&A(いただいた質問に対して)
・雑草屋Facebook ・雑草屋ホームページ


posted by 雑草屋 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園風景(15年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。