2015年03月08日

種、ジャガイモ、農具について

(この記事は3/1にプレーヤーさんに配信したメール内容をまとめています。)

種屋さんや農具について、ご案内いたします。
下記Blog記事をご参照ください。

■種(およびジャガイモ)について
 http://tsukushi.zassouya.com/article/96752720.html

在来種・固定種のタネを入手したい方は下記のサイトから入手出来ます。他にもいろいろ増えてきているようですが、私はこの2店で注文することが多いです。

・「 TANET/野口のタネ」http://noguchiseed.com/
安全な伝統野菜のタネを購入することができる埼玉県の野口種苗研究所のホームページ。サイト上の「タネの話あれこれ」では固定種と交配種の違いなどを含め、タネに関するいろいろな情報がわかりやすく紹介されています。

・「たねの森」http://www.tanenomori.org/
オーストラリアのシード・セイバーズ・ネットワーク元研修生がたち上げた無農薬無化学肥料の種子販売サイト。野菜の種のモニター制度もあります。


■農具について
 http://tsukushi.zassouya.com/article/96752634.html

上記記事を参考にしていただき、改めて注文を受け付けたいと思います。
今年度の農具の共同購入は、4月の集合日を予定しております。
3月中ごろにご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

20150309nougu.jpg

■ジャガイモの種芋について ※注文は締め切りました※

近隣のホームセンターやつくば大園芸センターなどでも各種販売しておりますが、3月の集合日前ではもしかしたら在庫切れも予想されます。

ご自分でご用意される方もいらっしゃると思いますが、私が大量に仕入れるのにあわせて、共同購入のご注文を募ります。(※3/7で〆切済)

20150309jaga.jpg

ジャガイモも今では、様々な品種が出回っていますね。雑草屋が毎年作っているのは、2種類です。例年新品種に手を広げてきましたが、結局育つのは、「キタアカリ」「アンデスレッド」のこの2つ。今年は、絞りに絞ってこの2種のみにします。

また、植える個数の目安としましては、種芋1個の重さは80〜120gだとして、1kgで種芋8〜10個程度とお考えください。

・アンデスレッド:皮が赤く、肉色が鮮黄色で食味も良い。
休眠期間が短く、秋作も可能。つくし農園ではもっとも栽培が良好か。

・キタアカリ:粉質で肉色は淡黄。男爵より多収といわれる。
つくし農園では比較的栽培良好。昨年は少し苦戦。

---以下 注文フォーム-----------------------------

 ★ 締め切り 3月7日(土)★

注文者氏名 ___________________________

・ジャガイモ 各種
 >アンデスレッド(  kg)(450円/1kg)
 >キタアカリ  (  kg)(300円/1kg)


 ★それぞれ1kg単位からお申込受付いたします。

※種芋の受け渡しは3月の集合日を予定しております。

---以上------------------------------------------


・2016年度の集合日予定カレンダー ならびに募集要項
・交通案内
・つくし農園の見学・体験について
・自然農について


posted by 雑草屋 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然農について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。