2014年10月06日

台風一過

現在10月6日12時30分。台風18号は過ぎていったようです。
まだ時折強い風も吹きますが、晴れ間が見えてきた台風一過のつくし農園の様子をレポートします。

なんと田んぼの一部で、稲が水没しています。推測50cm以上の水かさで、畦道はおろか、隣の湿地との境界が完全に見えないほどまで水が増えており、過去に見たことがないほどの水深になっています。背の低いうるち米の稲穂は、完全に水に浸かってしまいました。豊里は、稲穂の喉元まで水が届いています。これほど水が増えたことがないので、これからどうなるのか心配です。早く水が引いてくれることを祈るばかりです。

20141006tambo1.jpg   20141006tambo2.jpg

20141006tambo3.jpg

※写真は6日午前中の田んぼの様子です。


畑では目立った被害は見られませんでしたが、卯の畑の一部(吉永さん、牛田さんの区画)が水が多くなってました。作物への直接の影響はそれほど多くはないと思います。また菊芋やタカキビなど背の高い作物は、台風の風で横倒しになるものもありました。

午後から、雨の上がった田畑にまた見回り行ってきます!




・2014年度の集合日予定カレンダー ならびに募集要項
・つくし農園の見学・体験について
・自然農について


posted by 雑草屋 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園風景(14年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。