2013年07月15日

7月集合日の様子

少し遅くなりましたが、7月集合日の様子をお伝えいたします。
7月6日土曜日の集合日は炎天下での作業となりました。参加されたみなさま、お疲れ様でした!

午前中は畑の実習。実習畑では大豆、里芋、サツマイモ、トマトにカボチャ・・・野菜たちが空梅雨を乗り越え、たくましく成長していました。

20130706satsumaimo.jpg 20130706tomato.jpg 20130706cucumber.jpg

日射しが強まるこれからの時期は、水分の確保が肝心です。自然農の畑では基本的に水分を降雨に依存していますので、夜露をたくわえ地面の乾燥を抑えてくれる雑草の存在が重要になってきます。株元の草を刈り、そのまま乾燥を防ぐように株元に置いてゆきます。

20130706work2.jpg  20130706satoimo.jpg

この草の陰に、、、、、、里芋が隠れていました!!

畑の生態系に急激な変化を与えないこともポイント。虫たちの居場所を奪いすぎないよう、適度に残しながらの草刈りを心がけます。


お昼前には畑の観察会を実施。プレーヤーさんの区画を見て回りました。
通常の貸し農園であれば「どれだけ収穫できるか」がゴールになりかねませんが、そこは自然農のつくし農園。みなさんそれぞれに工夫を凝らし、自然農の過程そのものを楽しんでいる様子が印象的でした。

20130706watching.jpg   20130706watching2.jpg 
他の方の区画を見るのはとても参考になりますね。


あまりの暑さに、昼の共同作業はスキップ。
うだるような昼をやり過ごし、午後の田実習へと進みました。

田植え集合日から2週間経った田んぼは・・・雑草がかつてない勢いで伸びていました(汗)。今年は水が張らず、ベテランプレーヤーNさん曰く「水がいかに雑草を抑えていたかわかった」とのこと。苗が溺れる心配がない代わりに、例年以上に草の抑え方に頭を使う年となりそうです。

雑草屋は夏の日中作業なんて暑くてとてもできませんが、プレーヤーのみなさんは元気に丸一日作業されていました。いやはや脱帽です。(とはいえ熱中症にはくれぐれもご注意を!)

灼熱の昼間を過ぎ、涼しい夕方。
いかに作業効率が高まるかを実感した集合日でした。

 昼間の1時間 = 夕方の4時間    ←こんな感じ。


水曜日と木曜日には、平日プレーヤーのMさんが猛暑の中、田植えを慣行! 見事に田植え完了されました。暑い中本当にお疲れ様でした♪

田植えに草刈りに、引き続き頑張っていきましょう。


posted by 雑草屋 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 農園風景(13年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。